今、話題のネタちゃんねる^^;

気になること何でもまとめ!!

2019年05月

【炎上】NGT48加藤美南が大炎上! 山口真帆のテレビ報道に「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」
1 :ヴァイヴァー ★:2019/05/22(水) 07:39:20.49 ID:LdFVX2Mb9.net
NGT48加藤美南が大炎上、山口真帆が映るテレビに…

写真を拡大 アイドルグループ・NGT48の加藤美南(20歳)が5月20日、自身のInstagramに投稿した内容が物議を醸している。

加藤はこの日、Instagramのストーリーを更新。そこには「NGT48 山口真帆 “最後のステージ”」とのテロップが入った、卒業公演の模様を伝えた「ミヤネ屋」
が映るテレビの写真と、「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」とのコメントが書かれていた(※現在は削除済み)。  

加藤がどのような意図でこの投稿をしたのかは不明だが、山口は一連の“暴行問題”の被害者であり、同じグループのメンバーとして不適切な発言だと感じた
ファンは少なくないようだ。

Twitterなどネットでは「やってしまいましたなぁ」「裏垢と間違えたのか?」「かとみな好きだったのにガッカリ」「加藤美南、ドン引きなんだけど……」
「これもう黒だろ……」「引くとか何よりもう怖い」「NGT48はこれがキャプテンのグループです」「きっとミヤネ屋の宮根さんが見たくないって意味だから
(震え)」などさまざまな声が上がり、炎上状態となっている。
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0520/nrn_190520_9733161912.html

インスタストーリーのキャプ画像、現在は削除済み


加藤美南インスタ
https://www.instagram.com/katominami_ngt48/

加藤美南(20)


【炎上】NGT48加藤美南が大炎上! 山口真帆のテレビ報道に「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」 ★6
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558421680/

続きを読む


1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/05/21(火) 11:48:04.981 ID:/FhIllW4d.net
くっそ可愛かった

続きを読む

【話題】滑舌の悪い岡山弁で危機一髪!教習所の実体験に「あるある」の声
1 :みなみ ★:2019/05/20(月) 21:49:33.68 ID:47ZH+5iI9.net
自動車教習所の教官に、滑舌の悪い岡山弁で指示を出されたせいで危険な目に――。そんな経験を岡山県出身の漫画家、相島桃志郎さんが漫画化しました。指示の解釈次第で命が危ない。

【画像】漫画を読む

 路上教習で右折の際に、教官が強く「いけッ!」と指示。相島さんは素直に「行きます!!」とアクセルを踏みます。

 ところが、教官は「いけ」と言っておきながら、補助ブレーキを踏んで「“いけん”言うたろうが」と注意します。このセリフを標準語にすると、「“いけない”って言ったでしょう」……滑舌のせいで「いけん(ダメ/いけない)」が「行け」に聞こえただけで意味が逆になるとは、なんというワナ。

 後日、相島さんはまた同じ教官の指導で路上教習へ。教習所から出るタイミングを計りかねて教官の判断を仰ぐと、指示は「おえッ!!」……なんだかイヤな予感がしますね。

 相島さんが「追います!!」とアクセルを踏むと、教官は「おえ」と言っておきながら即座にブレーキ。「“おえん”言うたろうが」と叱りつけるのでした。このセリフを標準語にすると、「“いけない”って言ったでしょう」……滑舌のせいで「おえん(ダメ/いけない)」が「追え」に聞こえただけで意味が逆になるとは、なんというデジャヴ。「滑舌以外は良い先生だった」と作者は語っていますが、本件が危なっかしくていけん。

以下ソースで読んで
5/20(月) 20:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000002-it_nlab-life

続きを読む

【話題】YouTuberを目指す大半の子が知らない厳しい現実、不登校YouTuber・ゆたぼんの明日はどっちだ
1 :muffin ★:2019/05/18(土) 11:53:55.94 ID:58aTZFjg9.net
https://toyokeizai.net/articles/-/281468

不登校の小学生YouTuber「少年革命家ゆたぼん」が話題だ。
彼のように、YouTuberを志向する子どもは少なくない。幼稚園児・保育園児または小学生の子どもがいる保護者を対象とした大谷大学教育学部の「幼児教育・小学校教育に関する保護者の意識調査」(2019年3月)によると、将来就きたい職業がある子ども全体が答えた、なりたい職業第2位(8.2%)は「YouTuber」。さらに、小学4〜6年生の男の子では「YouTuber」は1位(20.9%)となった。このように子どもたちのYouTuber志向は高まるばかりだが、筆者は軽い気持ちでYouTuberを目指すのはおすすめできない。

♦収入が得づらく不安定な仕事
小学生の間で圧倒的人気を誇るHIKAKIN氏。近年はテレビやCMにも多数出演しており、年収は数億を超えるとも言われている。小学生が将来YouTuberになりたいと考えたとき、まずイメージするのは彼のような姿ではないか。

一方、さきほどご紹介した「保護者が子どもに就いてほしい職業」の1位が公務員だった理由は、やはり安定性にあるだろう。では、YouTuberは安定していると言えるのだろうか。

YouTubeの収益化条件は2018年2月以降、厳しくなっている。チャンネル登録者数1000人以上、公開動画の総再生時間が過去12カ月で4000時間以上という条件が加わったのだ。たとえ条件を満たしたとしても、1再生当たりの収益は0.05〜0.1円程度。つまり月収30万円を得るには、1再生当たり0.1円として1カ月に300万再生程度が必要ということになる。ほとんどのYouTuberはここまでいけないので、専業ではなく副業で運営しているケースが多い。

ある小学生YouTuberは、1年以上動画を投稿し続けているが、チャンネル登録者数はわずか51人、再生数もいちばん多いもので500回数程度しかない。収益化の条件をクリアするまで、少なくとも数カ月から数年間、収益なしのままひたすら投稿し続ける必要がある(そもそも、18歳未満の子どもは収益を得られないが)。

白い仮面が特徴の人気YouTuberのラファエル氏は、「拳で車のフロントガラスを割る」など過激なチャレンジ動画などが人気を博して、チャンネル登録者数が200万人を超える人気を誇っていた。ところが、2019年1月にメインチャンネルが突然アカウント停止。収益は毎月数千万円に上っていたため、損失額は5000万円以上になったという(現在は復旧済み)。アカウント停止の原因は、YouTubeがルールを厳格化し、重大な危険や死亡を招くおそれのあるチャレンジや、子どもに深刻な精神的苦痛を与えたりするおそれのある動画の投稿が禁止されたためだ。

YouTuber動画は視聴回数を集めるために過激化する傾向にあり、その代表格が当時のラファエル氏だったというわけだ。このようにYouTuberとは、運営側のさじ加減1つでアカウント停止となってしまうリスクを抱えた職業である。

♦「好きなことをして稼ぐ」のは難しい
目立ちたい、人気者になりたいと思ってYouTuberを目指す子も多いが、その点でも厳しい現実が待っている。現在、YouTuber市場はレッドオーシャン化しており、今から始めても視聴回数を稼げるジャンルはやりつくされてしまっている。しかも、すでに多くのファンを抱える先行者と視聴者を奪い合わなければならない。

HIKAKIN氏は、2018年に放送されたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、7分の動画編集に6時間かけていることを明らかにした。「お手軽に好きなことだけをして稼いでいる」ように見えるが、その裏には企画力、トーク力、撮影技術、編集力のすべてが必要とされているのだ。スマホで撮影し、編集もせず投稿しているだけの動画では、チャンネル登録者も獲得できず再生数も伸びないのは想像に難くない。再生数が伸びない若者は、極端な行為に走りがちになる。女子は「JS(女子小学生)・JC(女子中学生)・JK(女子高生)」などと年齢をうたう場合が多く、それにより成人男性ファンがついて再生数は上がる。ただしその際、あおられて自ら服を脱いでしまうなどの例も見られる。

一方で男子は、犯行予告や犯罪行為などの過激行動に走って炎上したり、事件化したりする例が見られる

>>2以降に続きます

続きを読む

このページのトップヘ