今、話題のネタちゃんねる^^;

気になること何でもまとめ!!

2019年08月

【高校野球】<「球数制限」議論が必要な高校野球の危うい未来>部員数が激減して話題に!小中学校では競技人口の減少はさらに深刻
1 :Egg ★:2019/08/08(木) 19:29:22.17 ID:DudAZDTy9.net
筆者は「野球の未来」をテーマにコラムを足掛け2年以上執筆してきた。拙著『球数制限』は、問題意識を集約させた1冊でもある。

 「1年経ったら“球数制限”なんてみんな忘れて、甲子園で大騒ぎしてるよ」

 金足農業高校(秋田)の吉田輝星投手(現・日本ハムファイターズ)の連投が大きな影響を与えた夏の高校野球100回大会が終わった後、筆者の知人はこう言ったが、そうはならなかった。

 「球数制限」を巡る議論は、秋になっても収まらず、2018年12月には新潟県高野連が2019年4月の県大会で100球の「球数制限」の導入を決定。これに日本高野連が待ったをかける。

 年が明けて2月には全日本軟式野球連盟(全軟連)が、今年度から学童野球に「70球」の球数制限を導入することを決定。さらに4月から主として「球数制限」をテーマとして、日本高野連が「投手の障害予防に関する有識者会議」を設置。今年11月には提言をまとめるという。

 賛否の意見が数多く発信されたが、これらを通じて筆者が感じたのは「情報の非対称」だった。

■なぜ「球数制限」議論はかみ合わないのか

 「球数制限」に慎重な意見、反対意見を発する人の多くは自身の経験や一般論、観念論で話していた。医学的な知識に乏しい印象を受けた。また限定的な範囲しか見ていない意見も多かった。

 一方で、導入に肯定的な人の多くは、この問題の医学的側面を理解していた。また他のスポーツと比較しての野球の特異さや、世界のスポーツの趨勢と比較しての違和感を訴える人も多かった。否定的な意見の人と、肯定的な意見の人では、情報量も視点も大きく異なっている。だから議論がかみ合わないのだ。

 そこで「球数制限」の議論に資する意見や情報を集成したものをつくろうと思い立った。「有識者会議」の発足が発表された3月末のことだった。そこから実質2カ月強で資料を集め、関係者、識者に取材をし、本をまとめた。慌ただしい中で新しい発見があった。

8/6(火) 6:10配信 東洋経済
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00295542-toyo-soci

続きを読む

橋本環奈、主演映画ツイッターに名前を間違えられる痛恨ミス→本人がまさかの反応を...
1 :砂漠のマスカレード ★:2019/08/06(火) 21:01:51.70 ID:NS/d8mx/9.net
女優の橋本環奈さん(20)が主演する映画の公式ツイッターが犯したミスに、橋本さんが取った反応が話題になっている。

橋本さんは、2019年12月6日公開予定の映画「午前0時、キスしに来てよ」で、スーパースターとの恋に揺れる女子高生の日奈々役を演じる。

「公式さん、、 橋本です。。笑」
映画の公式ツイッターは8月6日正午、「夏休みおでかけしてますか? #日奈々のおでかけコーデはこんなかんじ!」などとして、可愛らしいリュックを背負った橋本さんのカジュアルな笑顔写真をアップした。

ところが、ハッシュタグの名前がなんと「#橋下環奈」となっていた。これでは、元大阪市長の娘みたいだ。

これに対し、夕方に名前の間違いに気づいた橋本さんは、「公式さん、、 橋本です。。笑」とリプライでさりげなく訂正した。

これに慌てた公式ツイッターは、その十数分後に橋本さんにあてて謝罪文を書いた。

「橋本さま お名前を誤ってしまい大変失礼致しました!!」
すると、橋本さんはすぐにこうツッコミを入れたのだ。

「怒ったかんな〜 許さないかんな〜 橋本かーんな」
このフレーズは、どこかで聞いたことがあるようだ。

「出ました本家」「かわいいかんな〜」
そう、日本テレビ系で2月6日放送のバラエティ番組「ウチのガヤがすみません!」で、橋本さんが放った一発ギャグだ。

このギャグは、お笑いコンビ「根菜キャバレー」のきったんさん(29)が20歳になった橋本さんへのプレゼントとして贈った。そして、橋本さんは、臆することなく腕を振り上げながら、前出のフレーズを絶叫し、ネット上で喝采を浴びたのだ。

今回のミスで、橋本さんはギャグをかましながらも、こう付け加えるのも忘れなかった。

「すみません嘘です。全然怒ってないです。全然大丈夫です。笑」
ツイッター上では、「出ました本家」「かわいいかんな〜」「舞台挨拶でネタにしてください!笑」などと橋本さんの対応ぶりに感心する声が上がっている。

https://news.livedoor.com/article/detail/16889913/
2019年8月6日 19時41分 J-CASTニュース



続きを読む

【画像】中国新聞の本日のラテ欄が話題に
1 ::2019/08/06(火) 14:10:03.55 ID:O9WaJgnY0●.net ?PLT(13345)



続きを読む

【女優】元AKB48島崎遥香、暗髪にイメチェンが話題「可愛すぎ」「AKB時代のぱるる感」絶賛の声
1 :ジョーカーマン ★:2019/08/05(月) 21:44:57.53 ID:0CQFxrih9.net
女優の島崎遥香が5日、自身のInstagramを更新。
暗めのヘアカラーにイメチェンしたことを報告した。

島崎遥香、暗髪にイメチェン
島崎は「暗めヘアカラー」とつづり、黒に近い暗めのヘアスタイル姿を披露。
一週間前のブラウンヘアだった投稿時より、落ち着いた印象がうかがえる。

ネット上では「ぱるるが髪色暗くしてる!可愛すぎ」「やっぱり美人」「可愛いなぁ〜ぱるる」と絶賛の声が上がる中、「昔のぱるるっぽい」「AKB時代のぱるる感」「昔に戻った雰囲気でめっちゃ懐かしいし好き」など懐かしむ声も寄せられていた。

http://mdpr.jp/news/detail/1857626

茶髪の島崎遥香

   ↓
暗髪にイメチェン


元AKB48 島崎遥香




続きを読む

安達祐実のSNSが人気 一時期見かけなくなった理由、仕事が増えたのは本人の直談判?
1 :砂漠のマスカレード ★:2019/08/03(土) 16:09:46.05 ID:rzLq0VTV9.net
女優の安達祐実がInstagramを更新し、自身の顔のアップ写真を投稿した。

安達は「#髪伸びた」「#次の髪型考えるの」「#たのしい」というハッシュタグをつけ、ナチュラルメイクを施した自撮り写真をアップ。
37歳とは思えない若々しい姿を披露し、ファンを喜ばせていた。

これを受け、ネット上では「子役の頃から変わらず可愛いって凄い」「こんなに童顔の人羨ましい」という驚きの声が挙がり、さらには、「急にまた人気が出た」
「大人の女優へのステップアップに苦労してるように見えた時期もあったけど、数多いる女優のなかで唯一無二の存在だと思う」など、安達の実力を改めて認める人も多かったようだ。

「今では、童顔が一つの売りともなっている安達さんですが
、一時期は、子役から大人の女優へうまくステップアップできずに苦労したそうです。
子役のイメージの脱却を図ろうと、濡れ場に挑戦したりもしましたが、
『子供の濡れ場のようで見ていられない』という批評も多く、かえって子役のイメージが強いことを印象づけてしまったようですね。
しかも、事務所もプライドがあるのか主役級の仕事しか受けないスタンスを取っていました。
そのため、映画やドラマでは使いづらくなっていってしまいました」(芸能記者)

しかし、そんな状況を切り開いたのは安達自身であったという。

「仕事のオファーがないことに悩んだ安達さんは、事務所に直談判し、話し合いをする場を設けてもらったそうです。
その場で事務所が主役級の仕事ばかりを求めていることを知ったそうですが、安達さんは自ら『脇役でもいいから仕事がしたい』と申し出たそうですよ。
そこからは、事務所が幅広く仕事を受けるようになり、母親の役やキャバクラのオーナーの役などを演じるようになりました。
これまでには考えられない役でしたが、どれもハマっていて、さすが安達さんだと思わせるものでしたね」(前出・同)

今ではベテラン女優として、若手女優のフォローを積極的にしてくれると現場での評判も上々だという。
芸能歴が長い安達だからこそ、必要とされる場面が多いようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1949427/
2019.08.03 12:20 リアルライブ

http://image.dailynewsonline.jp/media/8/1/81cc678e7ae402cecd3c7d747612648769acba85_w=666_h=329_t=r_hs=875e9707797b9bb9bfb32009ec7e6fef.jpeg

続きを読む

このページのトップヘ